堂宮鈴木工務店

大工の心意気「手間を惜しむな、名こそ惜しめ

戦国時代の武将たちは、「命を惜しむな、名こそ惜しめよ」と言い聞かせ、戦場へと向かったそうです。 我々職人も戦国武将の心意気に習い「手間を惜しむな、名こそ惜しめ」と日々仕事に取り組んでおります。

古代より受け継がれた木工技術

日本建築の木工技術、仕口、継ぎ手は、先史以来、特に仏教建築が我が国に伝わってから、長い歴史の中で磨かれてきた、卓越した技術であります。 又、長い年月に耐えるため、精密な加工技術が求められ、構造的にも優れた技法であります。 木造建築の宿命でもある、腐食、劣化に対しても、構造的に柔軟で、強固でありながら、容易に部材の交換ができる優れた技術でもあります。

継手・仕口技術:見えない部分に誇りを

何百年、時には千年以上の寿命を持つ木造建築、その秘密は伝統技術に裏づけられた継手・仕口加工にある。釘や金物には頼らない先人の知恵、木と木がしっかり繋がり合って力を伝えバランスを保つ知恵、我々はその見えない部分に誇りを感じ、こだわり続ける。

継手・仕口技術:見えない部分に誇りを

蟻継ぎは、蟻の頭のような形のほぞを用いた継手で、継手としては比較的単純なものである。男木を受け支えるために、腰掛けを設けた蟻継ぎ。腰掛けは、敷面とも呼ばれ敷面蟻継ぎとも呼ばれる。土台、大引き、胴差し、軒桁、母屋などの横架材の継ぎ手として、多く用いられている。

継手・仕口技術:見えない部分に誇りを

鎌継ぎは、男木の先端に蛇の鎌首のような台形のほぞを持った継手である、腰掛け鎌継ぎは、男木を受ける部分に腰掛けを設けたもので、土台、大引、胴差し、軒桁、母屋などに広く用いられている。目違いは、材のねじれを防ぐために、腰掛け部分に目違いほぞを付けたものである。

継手・仕口技術:見えない部分に誇りを

短ほぞは、ほぞの長さが材の幅の1/2以下のものである。ほぞの長さが短いので、材の位置決めやずれ止め程度の役割になる。そのためV字金物など緊結のために併用される。短ほぞ差しは、主として土台と柱、梁と小屋束などの接合部に使われる。

継手・仕口技術:見えない部分に誇りを

平ほぞを2段にし、単純な平ほぞより複雑な形状になるため、強いジョイントになる。先端の細いほぞを小根(こね)、根元の太いほぞを大根(おおね)と呼び、2段のほぞの段差の部分を腰と呼んでいる。小根ほぞ差しに割り楔を入れたものを、小根ほぞ割楔締めと呼び、主として直交する土台の仕口に用いられている。

木工技術の仕事

大工の木工技術を活かし、建築と一体とした須弥壇

和のデザインを活かした家具

電話番号:03-3831-8813 お問い合わせフォーム
このページのトップに戻る