堂宮鈴木工務店

電話とFAX

綿々と続く日本建築の歴史の中で、社寺建築は高い技術と知識そして経験を必要とされてきました。 先人から受け継がれてきた、これらの技と知識を各職人又若い大工たちにも、広く深く伝えていくために、又どの職人がお伺いしても、喜んでいただけるよう、弊社では、定期的に技術指導、勉強会、研修旅行などを取り行っております。 御施主様のご要望に確かな技術でお答えできるよう、日々精進しております。

ご依頼から竣工完了までの流れ

修復や修繕、建て直しの際の大きな流れは一般的な建物と同様、以下の6段階とお考えください。新築の場合も同様です。神社、仏閣、文化財などでは、伝統的な特殊技術に加え知識も必要になります。 それらの技術に新しい技術を加え、堂宮鈴木工務店では、新築は無論、建築物の維持保全に努め、運営、メンテナンスまで、長い御付合いをさせて頂きたいと思っております。

  流れ 行程 サポート
企画段階
  • 計画・立案
  • 事業企画書
    の作成
  • 関係者への
    計画の告知
建物企画案の概要検討
仏具・荘厳の概要検討
予算資金計画
具体的スケジュールの検討
概算スケジュール提示
コストを提示
法規等についてアドバイス
設計段階
  • 建築の
    合意・決定
  • 基本設計
    実施設計
  • 設計図への
    承認
建設委員会の結成など
お客様が納得されたプランをもとに、実施図面を作成します。
建物の性能、品質、仕上げなどを
より具体的に決定します。
基本設計案の提出
概算見積書の提出
確認申請図の提出
実施設計図の提出
最終見積書の提出
契約段階
  • 見積・工事
    の請負
    契約の締結
請負工事金額、工事期間、支払い条件、その他条件を明らかにします。 契約書類の説明
施工段階
  • 施工準備
  • 施工管理
工事着工にあたっては、近隣住民の皆様のご理解、ご協力が必要です。 挨拶や現場の整理整頓は当然のこととして、事前に、工事内容・期間等を説明するなど、普段のコミュニケーションを重視します。 旧建物の解体
工事状況報告
各種資機材手配
竣工段階
  • 検査・引渡し
  • 落慶法要
設計者、施工会社、役所、消防署等、それぞれの立場から、適時、法規・品質に及ぶ厳しい検査を行います。 保存登記手続き
非課税申請手続き
管理運営方式の検討
竣工後
  • 長期保全計画
    建物管理
躯体、屋根、床、壁、設備など部位ごとに、適切なメンテナンスをご提案させていただきます。 定期点検
建物管理
メンテナンス対応

施工事例

宗清寺 耐震改修工事

築80年の本堂を設計事務所主体で限界体力計算に基ずく調査分析をし、屋根の軽量化(瓦ロック式工法)、柱~梁部分に耐震補強金物(仕口ダンパー)、壁下地(荒壁パネル)にて耐震補強を施し、小屋裏電気配線の改修、冷暖房の完備(床は畳敷き床暖房)、桔木を入れ替え軒先調整、化粧木部の洗い防犯、防火設備の工事も行いました。

宗清寺 耐震改修工事

工事前は、瓦葺きでしたが瓦も劣化し雨漏りをしていました。 躯体も老朽化がかなり進んでいて、彩色も剥がれ落ちている状態でした。 解体修理をして、建築当初は茅葺きだったので、茅葺き風銅板葺きに改め彩色も塗り直し、建築当初を再現しました。

電話番号:03-3831-8813 お問い合わせフォーム
このページのトップに戻る